バトゥーキ

【バトゥーキ】第51話 バチザードとメストレ。帯とアペリード。

今週はバチザード!新たなメストレが登場!

バトゥーキの第51話を読んでの
感想レビュー
を紹介している
ページです。

最新話の内容ですので
ネタバレを含んでおります。

そのため、読む場合には
自己責任でお願いします。

 

バトゥーキの最新刊4巻が発売中!

僕はキンドルで購入しましたが、
スマホやタブレットでいつでも
読み返せるので、とても便利。

キンドルおすすめです。

【バトゥーキ】第51話 バチザード

前回のバトゥーキ50話は、マイビリンバウを作り終えたところで、流亜先生が到着。

「明日のバチザード」と言う言葉を残して終わった。

バチザードとはなんなのか?何が行われるのか?

それが描かれるのが今回の話だ。

 

バチザードとメストレ。

前回より1日が経過し、バチザードを行うことになったいっち達。

バチザードとは、洗礼式。

メストレに今まで学んできた事を披露し、帯をもらう日だということ。

そしてバチザードを行うに際して、流亜先生とハーレのメストレが来てくれるそうだ。

 

どうやら前回、流亜先生が空港に行っていたのは、メストレを迎えに行っていたとのこと。

行き違いになって会えなかったということだが、一体どんな人なのだろうか・・・?

 

と、ここで昨日いた謎の外人さんが隣にいる事に気付く純悟。

流石におかしいと感じた純悟は流亜先生にこの人がメストレ!?と指摘するが、

結局誰の知り合いでもなかった(笑)

本当に一体誰なんだ!笑

 

またも追い出される謎の外人さん。

そして現れるメストレ!

 

メストレはスゴイ

メストレが現れてからは終始その凄さが描かれていた。

現れてすぐに、流亜先生とハーレを同時に抱きかかえる。

そして体重を正確に測るという得意技を披露。

 

さらにいっち、栄子ちゃん、純悟、巴布さんの四人を一気に抱きかかえて持ち上げる。

流亜先生とハーレを同時に持ち上げた時にも思ったが、スゴイ力だ!

 

デカく、力強く、暖かい。

抱きかかえられたいっちは身も持って何もかもスゴイと理解したようだった。

抱きかかえられた時に照れている表情のいっちが可愛い。

 

さらに楽器を扱うシーンでは純悟が

「泣けてくる位何もかも違う・・・」

と感じるほどの凄さ。

 

そこにいるだけで、みんなの頭の中をいっぱいにしてしまう存在。

メストレってスゲー!!

 

メストレとのjogo

楽器の次はメストレとのjogoだ。

巴布さんが得意技のジャンプを披露!

するとそれに合わせてジャンプするメストレアモロゾ!

身体能力もスゴイ!!

 

そして巴布さんは帯とアペリードを授けられた。

アペリードとは「あだ名」である。

 

巴布さんは、ピポッカ(ポップコーン)

流亜先生は、ルア・シェアー(満月)

ハーレは、ブリンカリョン(お調子者)

というアペリードだ。

 

巴布さんの次にjogoに指名されたのは純悟。

「あんたもお調子者で十分よ」という野次?に少し笑った(笑)

 

今後の事を考えると・・・と覚悟を決める純悟。

「メストレにガチ喧嘩を売る」

 

こ、これは・・・めっちゃくちゃ面白い展開やんけー!

メストレアモロゾが凄い人だからこそ、ガチ喧嘩を売る覚悟をしたんだろうなぁと思った。

純悟の想いと技量がメストレに通じるのか!?

メストレアモロゾは純悟のjogoにどう応えるのか!?

次号にめっちゃくちゃ期待してしまうなー!

 

純悟VSメストレアモロゾ。

どんな戦いになるのか!?

純悟は帯とアペリードを授けられるのか?

いっちと栄子ちゃんのjogoはどうなるのか!?

毎回気になることが多すぎる!

早く次の話が読みたいなぁ!

 

 

\この記事はいかがでしたか?/

-バトゥーキ

© 2021 カトサンナビ:Good!カトサンの7カテゴリナビ