バトゥーキ

【バトゥーキ】第63話 王部の知略により知られた名前。悪軍連合ミッションコンプリート!?

王部の動向が明らかに!

名前を知られたいっち。

悪軍連合in文化祭もついに終幕!!

 

バトゥーキの第63話を読んでの
感想レビュー
を紹介している
ページです。

最新話の内容ですので
ネタバレを含んでおります。

そのため、読む場合には
自己責任でお願いします。

 

バトゥーキの5巻が絶賛発売中です!

電車に乗っている時など時間が
空いた時に読み返しています。

早く6巻が読みたい!

【バトゥーキ】第63話 三條一里

前回のバトゥーキ62話では、
悪軍連合の仙石とその取り巻きで
ある仙石ボーイズに捕まって
想田くんがピンチに!

そして想田くんのフランクの危機に
現れた我らがヒーロー「フランク大帝」!

 

フランク大帝の中身はまさかの
いっちで、体当たりにより仙石を
吹っ飛ばし、そのまま仙石ボーイズ
とバトルになった。

仙石たちはシステマの使い手で、
システマの独特な動きとフランクの
着ぐるみによる視界の悪さに
苦しめられながらも、

カポエイラの蹴りと
秘技「中心脚」の活躍により
仙石ボーイズを撃破!

 

しかし、吹き飛ばされた仙石が戻り
フランク大帝に仙石の拳が突き刺さった!

というところで前回は終わった。

今週はその続きから!

 

ぬるぬるの仙石VSフランク大帝(いっち)

今週はカラーの扉絵だった!

いっちがかっこよくも
なんだか艶っぽいぜ!

 

仙石のパンチをくらったまま
フランク大帝と仙石はズルルルと
滑り倒れる。

下のコメントで

「史上最も真剣なローション相撲」

って書いてあって今週も
笑わされちまった!笑

 

倒れた時に仙石にフランク大帝の
中身を覗かれ、女だとバレる。

そして描写がよくわからなかったの
だが、二人揃って滑ったのか
「クイズの答えの○ゾーン」に
飛び込んだ。

 

いっちは仙石に肘打ちを喰らいつつも、
蹴り返す!

だが、着ぐるみを着たままの戦いにより
息が切れて動けなくなってしまった
いっち・・・。

そして、仙石はフランクの皮を
剥こうとぬるりと近づいて
くるのであった・・・!

 

王部の動向が明らかに!スマートな知略が冴え渡る。

文化祭に乗り込んできた時から
その動向が一切描かれていなかった
悪軍連合のNo2である王部。

今回その動向が明らかになる!

 

なんと王部は職員室にいた。

教師に甲斐くんが倒れている動画を
見せ、この学校のカポエイラを使う
女子生徒がやったと伝える。

そして、その女子生徒の名前を
今教えれば事は荒立てないと
告げていた。

 

そんな王部に対し、

「あなたは何者なんだ?」

と言う先生。

 

そして、王部はその質問に対し、
バッヂを見せる事で対応する。

そのバッヂは『弁護士記章』。

バッヂを見た先生は
「弁護士!」と言う。

 

そして、おそらくそのままいっちの
名前を告げたのだろう。

王部は学校に乗り込むも、
事を荒立てるような動向は
一切せず、スマートに対象の
名前を手に入れた。

 

王部が本当に弁護士なのかは
わからない。

しかしバッヂをみせることにより、
先入観で相手が勝手に弁護士だと
思い込むように動いていた。

その知略から、かなり頭が切れる
ような印象を受けた。

 

そしてカポエイリスタの名前を
手に入れた王部は「放送室」へ
向かう。

そして放送室にいた生徒に対し
禍々しいオーラを放ちつつ

「緊急放送だ」

と告げた。

 

羚ちゃんVSお駿姉さんが決着!

場面は変わり、羚ちゃんVS
お駿姉さんのバトルの続きだ!

ボクシングの素早い動きをなんとか
避ける羚ちゃんだったが、その素早い
動きについていけないと感じていた。

 

「ボクシングのフットワークが
ジンガより早い」

と苦戦していたが、お駿姉さんの
意表を突き変則的な蹴りを放つ!

そしてお駿姉さんはその蹴りを
避けられないと思い、
肩でガードするしかない!と
思考する。

 

羚ちゃんの蹴りがヒットするか!?

と思ったら、いつの間にか近くまで
来ていたクラーケンがお駿姉さんを
横から押した。

 

バトルは中断。

クラーケンとお駿姉さんの会話が始まる。

そして、クラーケンは羚ちゃんに興味を
持ったようで、邪悪な笑みを浮かべつつ
羚ちゃんに話しかけた。

 

悪軍連合ミッションコンプリート!?

クラーケンが羚ちゃんに
話しかけたところで

「ピンポンパンポン」

と全校放送が鳴った。

 

「カポエイリスタの名前は三條一里」

王部が手に入れた情報を悪軍連合の
仲間に伝えるための放送だった。

 

その放送を聞いて驚く流亜先生が一瞬映る。

丈青とまだ相対していた様子だが、
何を思うのだろうか・・・。

 

そして、仙石にフランクの皮を
剥かれ姿があらわになったいっち・・・。

その様子を見て想田くんは必死に
止めようとするが、仙石ボーイズに
足を掴まれて動けなかった。

 

そして王部に届く一通の連絡。

「三條一里 確保!!!」

 

放送を聞いて久々に登場の栄子ちゃん。

その横を2台の車が勢いよく走り去る!!

たたずむ栄子ちゃん。

悪軍連合は任務を完了した。

 

今週はここまで。

 

バトゥーキ63話の感想まとめ

今週のバトゥーキもめちゃくちゃ面白かったです!

先週の予告で文化祭終幕って書いて
あったので、どうやって終わるん
だろう?と思ったけど、

・今まで明かされていなかった王部の動向

・羚ちゃんVSお駿姉さんの決着

・いっちVS仙石の決着

など様々なシーンがうまくまとめられて
いたなぁと感じました。

 

「三條一里 確保!!!」

というメッセージが王部に届いて
いたけれど、本当にいっちが
連れ去られたのだろうか?

 

仙石に捕まっていたのでいっちは
捕まった気はするが、羚ちゃんが
いっちの名前を語って付いて
いったりとかしてないかな?

でも制服が違うから羚ちゃんが
いっちの名前語ってもバレちゃうか?

しかしクラーケンが興味を持って
いたから今後も絡んできそうな
気もしたりする。

 

そしていっちが狙われていると
知った流亜先生は何を考え、
どう動くのか?

栄子ちゃんや純悟はどうするのか?

甲斐くん、稲荷、翔也に桜たちは
どうしているのか?

また、悪軍連合はいっちを連れ去ったと
して、その後何をしようと思っているの
だろうか?

 

今後の展開が非常に気になるなぁ!

次号の予告で、

「VS悪軍連合編新展開!」

と書いてあったので、
来週も非常に楽しみです!

 

 

 

\この記事はいかがでしたか?/

-バトゥーキ

© 2021 カトサンナビ:Good!カトサンの7カテゴリナビ