ハースストーン

ハースストーン アリーナ奮闘記14 シャーマンでまた挑む。

今回のシャーマンはミニオンが強めながら、除去がアースショック1、
ラヴァブラスト1、斧が1と少ないのが非常に心配である。

 

1戦目 ローグ 後攻

ミニオンをテンポよく並べていき攻めて行くが、
途中から相手の除去でうまく盤面を取られる。

そこからライフを結構減らされるが、相手の手札が尽きる。

こちらの手札にはミニオンがたくさんいたので、
トーテムと合わせて展開していき、盤面を奪い返し、
ライフを削り勝つ。
2戦目 メイジ 先行

2ターン目からテンポよくミニオンを展開していくが、
相手にうまくさばかれてしまい、いつの間にか相手に
ペースを奪われる。

盤面も制圧され、手札の差も数枚ついている状況。

なんとか戦うも、徐々に減らされていくライフ。

手札を管理しつつミニオンを並べて行くが、
フレイムストライクで場を流されること、計3回。

ミニオンはまだ手札にあったが、ライフに余裕がなく、
相手のミニオンをとめられずに負ける。

3戦目 プリースト 後攻

お互いミニオンを展開していくが、ライフは狙わず、
盤面を整えて行く立ち上がり。

うまくトーテムを合わせて展開していくことで、
相手のミニオンの動きを阻害しつつ、こちらのミニオンで
主導権を握れそうになる。しかも相手の手札は少ない。

相手が一気にミニオンを展開してきて、残り手札1になったのを見て、
ここが勝負どころだと感じ、こちらはフロストウルフウォーロードと
ディフェンダーオブアルガスを展開。

すでに盤面に3体ミニオンがいたので、ウォーロードは7・7。
そしてアルガスの効果で8・8トーントとなる。

相手はこのミニオンをとめられず、盤面のミニオンと合わせてライフを削り
最後は全体+3を使ってライフを削りきり、勝つ。

4戦目 メイジ

タフネス1のミニオンが相手に2体、こちらに1体いる状況で、
ボマーをだしたら、相手のミニオンには1体もあたらず、
こちらのミニオン1体と相手のライフを2削った。

そこで試合は決まったような気がした。

そこから相手に盤面をにぎられ、ミニオンを並べられてライフを削られ負ける。

5戦目 ハンター

ミニオンを順当に並べて行き、ライフを削っていったら勝てた。

相手にグルールを出され、それが11まで成長したのには
恐怖を感じたが、トーントが何体かいたのでそいつらで止められた。

それがなかったら負けていたかもしれない。
トーントはやはり偉大だなぁ。

6戦目 ローグ

ミニオンを展開し、9・9となったフロストウルフウォーロードで殴り勝つ。

今回はボマーさんが活躍してくれ、相手のタフネスが1まで削れたミニオンを
2体倒してくれたのが大きかった気がする。

7戦目 プリースト

ミニオンを展開していくも、相手にうまく除去されて押し負ける。
相手のミニオンで強く感じたのは、ライトスポーンと、
テンプルエンフォーサー。

プリーストは自分でやるとどうも弱いけども、対戦相手として
当たると強い気がする。

 

というわけで、4勝で終わりです。
報酬は、1パックと75ゴールド。
パックからはマナレイスがでた。
結構好きなカードなので、使っていきたいなー。

 

\この記事はいかがでしたか?/

-ハースストーン
-,

© 2021 カトサンナビ:Good!カトサンの7カテゴリナビ