自転車

DAHON(ダホン)の折り畳み自転車が欲しい!20インチと16インチから5種を調べてみた。

最近、折り畳み自転車が欲しくなりました。

折り畳み自転車は

「フォールディングバイク」

とも言うらしいです。

かっこいい!

 

欲しくなった理由は、

ちょっとした移動に便利だし

運動不足だし

保管も折り畳みなら場所とらないし

車にも乗せられるし

色々と便利!

だと思ったからです。

 

そんな折に「おりたたぶ」という
漫画を読んだことにより、

ポタリング輪行という
言葉を知りました。

 

漫画を読んでそういった使い方も
できるんだなぁという事を知って、

折り畳み自転車が欲しい熱がアップ!

 

さらに折り畳み自転車について
調べているうちに、出会った本が
あります。

それが、

ものぐさ自転車の悦楽

という本です。

 

この本を読んだことにより、

プロンプトン

r&m BD-1

DAHON(ダホン)

といったメーカーを知りました。

 

そしてその中から、僕はダホンに
興味を惹かれたんですね。

そこからダホンの折り畳み自転車を
調べる日々が始まりました。

 

何故ダホンなのか?

「ものぐさ自転車の悦楽」で
紹介されていた

プロンプトン

r&m BD-1

DAHON(ダホン)

というメーカーの折り畳み自転車は
どれも魅力的に思えました。

 

この中からダホンが1番いいなーと
思った理由は、

リーズナブルなモデルが用意
されているという点で初心者が
とっつきやすい

と感じたからです。

 

まずはそこから入りました。

というのも、今まで自転車と
言ってもママチャリくらいの
自転車しか乗っていなかった
身からすると、

本で紹介されていたプロンプトン
とかBD-1の価格を見たときに

え!?こんな高いの!?

と感じてしまったんですよね^^;

 

そんな中でダホンのリーズナブル
な価格を見て、

あ、これくらいなら買えるかも

と思えたというわけです。

 

その後、ダホンについて色々と
調べていくうちにデザインが
だんだん気に入ってきて、

購入するならどれがいいかなぁと
考え始めるようになりました。

 

そんな日々を過ごしていくうちに
様々なWebサイトやブログで
情報を調べたんですね。

色々と調べた中で、僕がとても
役立ったなぁと感じた情報を
紹介されていたサイトとブログを
リンクさせて頂いております。

 

ダホンの折り畳み自転車が欲しいと
思っている場合には、とても参考に
なる情報があると思います。

 

ダホンの折り畳み自転車を調べるのに参考にしたサイトやブログ

僕がDAHONの折り畳み自転車を
調べた時に参考にさせて頂いた
サイトやブログ記事のページです。

とても参考になったので、
まとめてリンクさせて頂きました。

 

・DAHON(ダホン)公式サイト

→ 製品ラインナップのページ

 

・自転車でGo.comさん

→ 10万円の予算で折りたたみ自転車を選ぶならDAHON Boardwalk D7を薦める5つの理由

→ DAHON Boardwalk D7とDAHON Speed falcoはどう違うのよ?購入前に必ず読んでほしい7つの違い

→ DAHON RouteとDAHON Boardwalk D7どちらを買うと幸せになれるか?

→ 【試乗レポート】DAHON Boardwalk D7をはじめての折りたたみ自転車として全力でオススメする

 

・サイクルガジェットさん

→ ダホンの16インチミニベロ 『 EEZZ D3 』のインプレッション

→ Dahonのボードウォーク購入を検討中の女性に伝えたいこと

 

・BONZINLIFEさん

→ ダホンルートを購入しました(ミニベロ初心者がレビュー)

→ ダホンスピードファルコを買って大正解!ミニベロ購入で迷っている人へ~

→ ダホンルートVSダホンスピードファルコ|3ヶ月実際に乗った比較レビュー。

 

・ミニベロでGOさん

→ 「素」の DAHON Route(2013)をチェック!大雑把編

→ DAHON Routeのイマイチなところを率直に吐露してみた

 

 

ダホンの折り畳み自転車で気になる5種を表にして比較してみた

ダホンの折り畳み自転車にも
様々な種類があり、タイヤの
サイズで大きく分けられます。

その中から20インチと16インチで
個人的に気になった5つの車種に
ついて比較しやすいように
まとめてみました。

 

ルート、ボードウォーク、
スピードファルコ、カーブの
情報は2020年のものです。

イージーは2020年モデルが
ないため、ダホンインター
ナショナルの2019年モデルの
情報となります。

 

車種Route(ルート)Boardwalk D7(ボードウォーク D7)Speed Falco(スピードファルコ )Curve D7(カーブ D7)EEZZ D3(イージー D3)
タイヤサイズ20インチ(406)20インチ(406)20インチ(451)16インチ16インチ
価格(税別)¥50,000¥60,000¥83,000¥73,000¥134,000(生産終了)
フレームアルミクロモリクロモリアルミアルミ
重量12.2kg12.3kg12.0kg11.6kg9.8kg
ギア数7 speed7 speed8 speed7 speed3 speed
カラー数6色6色4色3色1色
泥除け標準装備無し無し標準装備標準装備
ハンドル高さ調整可能調整可能調整不可調整可能調整可能

 

 

ダホンの折り畳み自転車気になる5種の特徴 個人的なまとめ

ダホンの折り畳み自転車の5種から
個人的に気になった部分や特徴など
についてまとめてみました。

 

1、スピードファルコ

名前からして速そうだしかっこいい

デザインや本体カラーが好き

走行性能が高い

20インチだが、タイヤが大きい

ゆるキャンのドラマ版でりんちゃんが乗ってた

価格がボードウォークより2万円くらい高い

ルートと比べると3~4万円くらい高い

ハンドルポストの伸縮ができない(ハンドルの高さを変更できない)

 

2、ボードウォーク

価格と性能のバランスが良さげ

細いフレームのデザインが好き

カラーがたくさんあってオシャレ

ゆるキャンのドラマ版でなでしこちゃんが乗ってた

ルートと1万円くらいの価格差なので、ルートならボードウォークか?と思う

情報収集をしていた時に一番オススメされていたように感じた

ハンドルポストを伸縮できる(ハンドルの高さを自分好みに変更可能)

 

3、ルート

カラーが豊富

泥除け標準装備なので普段使いに最適そう

エントリーモデルなので価格が安め

ハンドルポストを伸縮できる(ハンドルの高さを自分好みに変更可能)

 

4、カーブ

16インチなので持ち運びや室内保管がしやすそう

流れるようなフレームデザインが良い

泥除け標準装備なので普段使いに最適そう

おりたたぶという漫画で登場してた

 

 

5、イージー

16インチなので持ち運びや室内保管がしやすそう

折り畳み機構が特殊でかっこいい

デザインがかっこいい

オレンジ色モデルがなんだかバンブルビーみたいに思えた

価格が高い!

新モデルが出てないのであまり売ってない

そのため入手が難しそう

 

 

まとめ DAHONのどの自転車を買いたいのか!?

「折り畳み自転車が欲しい!」

と思ってから、漫画や本に出会い
ダホンを知りました。

 

そして、ダホンについて調べた結果
気になったのが5つの車種。

その5つの車種についても情報を
色々と調べたり、表にして比べたり
してみましたが、

その結果どの車種を買いたいと
思ったのか個人的な結論を
書いておきます。

 

1番はスピードファルコです。

やっぱりカッコいいなーと感じました。

 

最初は価格が気になったのと、
街乗り程度しか使わなそうだから
オーバースペックかも?と
思う事もありましたね。

しかしながら、乗っているうちに
もっと色々な使い方をしたくなる
可能性があるなぁと思ったんです。

 

そんな時に2台目を買うのも
大変だし、それなら最初から
スピードファルコを選ぶのが
いい選択な気がしたんですね。

 

ただ、気になるのは

「ハンドルポストの伸縮ができない」

ということ。

 

運転姿勢が自分に合わなかったら
どうしようと思ったりしました。

この不安を解決するために、
買う前に試乗するのはmustですね。

 

また、自転車初心者の自分としては
高価な自転車だと感じているため、
盗難をとても心配してしまいます。

そのため、しっかりとした鍵を
複数買うなどの駐車・保管の
際の対策をちゃんと考えようと
思いました。

 

というわけで、DAHONの
スピードファルコを近いうちに
購入する予定で考え中です!

 

 

 

\この記事はいかがでしたか?/

-自転車

© 2021 カトサンナビ:Good!カトサンの7カテゴリナビ