FFRK

FFRK 「狂気の血脈」のEX++「ヘレティック宝条」をマスクリ攻略!

FFRKのイベント「狂気の血脈」EX++の「ヘレティック宝条」をマスタークリアで攻略しました。

ヘレティック宝条の特徴は、狙える場所が本体・右腕・左腕の3か所あって、本体か両腕を倒すと「極限生命体宝条NA」に変化するということ。

基本的には1回行動ですが、「たたかう」は連続で2回攻撃してくるのと、状態異常魔法を使ってくるのが厄介です。

また、「極限生命体宝条NA」になると、4連続攻撃の「コンボ」を使ってきます。

 

スペシャルスコアは、『ヘレティック宝条戦で戦闘不能にならないこと』、『セフィロスが戦闘不能でない状態で勝利すること』、『レノが戦闘不能でない状態で勝利すること』の3つで、EX+の時と一緒ですね。

 

ヘレティック宝条は弱点もないうえ、これといって有効な状態異常もありません。

ただ、攻撃パターンを見ると「バイオガス」以外が単体対象なので、物理は「かまえる」+「ひきつける」で、魔法は「カーバンクル」で無効化することが可能です。

「極限生命体宝条NA」においても、「たたかう」が全体攻撃になっていますがその他の行動は単体対象なので、「かまえる」+「ひきつける」と「カーバンクル」で楽に戦うことが出来ます。

 

●PT構成

 

PT編成は以下のようにしました。

ギルガメッシュ  かまえる(10) ひきつける(8)

セフィロス    スマッシュアッパー(8) メンタルブレイク(8)

レッドⅩⅢ    ハイマジックブレイク(6) ハイアーマーブレイク(4)

レノ       ファイジャ(6) ウォタジャ(6)

エーコ      カーバンクル(2) 祈りのメメント(2)

フレンド召喚 『ルナティックハイ』

レコードマテリアは、ギルガメッシュが「竜騎士の決意」、セフィロスが「自己犠牲」、レッドⅩⅢが「強き心」、レノが「専念」、エーコが「Dr.モグの教え」をそれぞれ装備。

エーコの必殺技でシェルガをかける気でいたので、フレンド召喚は『ルナティックハイ』にしました。

 

「かまえる」と「ひきつける」と「カーバンクル」があれば相手の攻撃をほとんど食らわないようになりますが、「バイオガス」と極限生命体宝条NAの「たたかう」が全体攻撃で食らってしまうので「祈りのメメント」を持っていきました。

 

●上記構成での作戦

 

まずは「ヘレティック宝条」との戦いですが、本体を集中して攻撃して倒していきます。

ギルガメッシュは「かまえる」と「ひきつける」を切れないように使用。

セフィロスは「メンタルブレイク」で魔法防御を下げつつ、「スマッシュアッパー」で攻撃。

レッドⅩⅢは「ハイマジックブレイク」で相手の「バイオガス」のダメージを下げつつ、「ハイアーマーブレイク」で防御を下げます。

レノは「ファイジャ」と「ウォタジャ」を打って、HPを削ります。

エーコは「カーバンクル」を使用後、必殺技を使用して全体に「シェル」をかけ、その後「祈りのメメント」。

また、最初のターンに誰かしらでフレンド召喚の『ルナティックハイ』を使用しておきます。

 

「ヘレティック宝条」を倒した後は、「極限生命体宝条NA」との戦いになりますが、基本的な戦闘の流れは上記と同じです。

『ルナハイ』や「祈りのメメント」をかけ直したりするのを忘れないようにします。

こんな感じで戦っていくのが今回の作戦となります。

 

●実際の攻略メモ。

 

・ヘレティック宝条の「たたかう」は1300位×2のダメージをくらった。(多分ルナハイ前)

・「バイオガス」は全体に1000位のダメージ。(確かハイマジ後)

・ハイマジ+シェルガ後の「バイオガス」は全体に600位のダメージ。

・変身後の全体攻撃がルナハイしてても1000位食らったので結構痛い。

・行動-1、被ダメ-1でエクセレントクリア。

 

以上のような感じで「狂気の血脈」のEX++をマスタークリアで攻略することができました。

「極限生命体宝条NA」の全体攻撃が結構痛かったので、パワーブレイク持って行った方が良かったかもしれませんね。

 

\この記事はいかがでしたか?/

-FFRK
-,

© 2021 カトサンナビ:Good!カトサンの7カテゴリナビ