ハースストーン

ハースストーン アリーナ奮闘記その4 パラディンで挑戦。

今回はアリーナの中で強さ上位と言われているパラディンで挑んでみた。

ピックは、Consecration(敵全体2点ダメージ。通称:床ドン)は2枚とれたものの、
Truesilver Champion(4マナ4点の剣)が1枚も出てこない・・・。

あと、レアのピックの時に、他の2枚が微妙だったから、Silence系を引くのを期待して、
Ancient Watcherをピックしたが、その後ピック候補にSilenceもTaunt付与もでず、
悲しみを背負うはめになった・・・。

(今思うと、サイレンス系はともかく、トーント付与系はレアなので、
期待するのは浅はかだったw)

 

1戦目 メイジ

お互い序盤から一進一退の攻防。
先に相手の手札が尽き、そこから少し優勢になるも、
相手の引いてくる手札が全て有効打。

こちらの手札も1枚になるが、その1枚がAncient Watcherで、
全く役に立たない・・・。

その後、かなり長い戦いになった末、なんとかかんとか勝利をもぎ取る。

 

2戦目 ウォーリア―

盤面の自分のミニオンにDivine Shieldをつけたり、回復をしていくことで、
相手ミニオンを倒しつつ、こちらのミニオンで圧倒していく。

その後相手の場のミニオン0、手札0になった時点でこちらの場にミニオンは4体。

相手がサレンダーして、勝利。

 

3戦目 パラディン

一進一退の攻防ながら、2戦目と同じく、回復やBlessing of Kingsで
ミニオンを+4+4して、盤面のミニオンで攻めていく。

しかし盤面は押しているが、徐々に手札の差がついていき焦る。

相手のライフ4まで削ったところで、相手に上手く盤面を制され、
相手の場にはArgent CommanderとScarlet Crusader。

対してこちらの場には、Silvermoon Guardianのみになる。

これは負けたか・・・と思っていたところ、ドローでBlessing of Kingsを引き、
Silvermoon Guardianを+4+4してアタック。勝利!

 

4戦目 ハンター

Mad Bomber2体だしたあとに、Animal Companionから
Misha(4・4トーント)がでてきたり、Injured Blademasterだしたあとに
Sen'jin Shieldmastaが出てきたりと相手にうまい事盤面を抑えられる。

トークンなどを展開していたら、Starving BuzzardからUnleash the Hounds
ライフを削られ、さらにFrostwolf Warlordが出てくる。なんと9・9。

ConsecrationでUnleash the Houndsのトークンは除去するも、
9・9のFrostwolf Warlordを打ち取れず負け。

 

5戦目 メイジ

お互いミニオンを出しては除去していく。
相手に押され気味で、ライフを大分削られてしまう。

お互いに手札ほぼ0の状態になり殴り合い。

相手のミニオンの方が強くて負け。

 

6戦目 メイジ

序盤4・3になったFlesheating GhoulにBlessing of Kingsを唱え、
1体倒したあと9・4になったグールで殴ったり、本体を攻めていき
ライフをかなり削る。

相手のライフがあと5というところで、ライフゲインされるが、Blessing of Kingsを引き、
場に出てた3・3のミニオンを7・7にして殴り、手札のコンセクレイションの2点で勝ち。

 

7戦目 ハンター

序盤から削っていき、なんとか勝利。

ここでもBlessing of Kingsが役に立った。

 

8戦目 パラディン

相手Truesilver Champion2枚、Argent Commander2枚とこちらよりも
強いデッキな印象。

なんとかミニオン展開して、耐えていくが、
お互い手札0に。

相手のAcolyte of Painでカードアドバンテージを取られる。

相手にBlessing of Kingsを唱えられて、8・8となったミニオンをとめられず負け。

以上、5勝で終了。今回の報酬は、1パックと105ゴールド。

今回パラディンをやってみて、強いと感じたカードが

ミニオンを+4+4するBlessing of Kings。

 

前々から強いカードだとは思っていたけれど、かなり活躍してくれた。

今度から優先的にピックしていこうかと思った。

 

 

\この記事はいかがでしたか?/

-ハースストーン
-,

© 2021 カトサンナビ:Good!カトサンの7カテゴリナビ